ラジドリサマースクール イベントレポート
2017年8月27日 茨城県つくば市/谷田部アリーナ

 8月27日、夏休み最後の日曜日に谷田部アリーナにて、小中高生対象のラジドリサマースクールを開催致しました。
 講師陣はチームヨコモの4名。川上哲弘(タカヒロ)、吉波隼(ハヤト)、五月女勝一(とめ) 山田実(Bagi)が担当しました。  今回のイベントは参加者を3グループに分けて、各担当の講師がレクチャーをしていくという形でイベントが進行していきました。

 まずは、全員のマシンクリニックからスタート。各部のパーツがきっちり組めているか、ネジは緩んでいないかなど、細かい部分をチェック。ここでのチェックが完了するといよいよコースイン。

 コースではレベルに応じて、サブコースとメインコースを使い分け、それぞれ違ったメニューでのレクチャーが行われました。

 メインコースでは、吉波隼による実践形式の走行レクチャーを実施。世界チャンピオンのレクチャーに参加者も釘付けとなりました。

 走行レクチャーが終了すると再びマシンをチェック。さらに細かいセッティングやメンテナンス方法などのレクチャーを行い、また走行という反復法が参加選手のスキルアップに繋がりました。

 夕方からは一日の成果を確認するためにプチドリフトミーティングを行いました。 ヨコモドリフトミーティングなどの雰囲気を気軽に体験して頂けるように、5分間のルーレット審査を採用。一般走行の方々にもギャラリーとしてこちらの企画に参加して頂き、本番さながらの緊張感と盛り上がりをみせました。

 最後は、こちらの認定証を参加者全員にプレゼント。今回は初めての試みとして小中高生限定という形でイベントを開催致しましたが、本当に最後まで真剣に参加して頂き、全員がスキルアップを果たすことができました。また来年も、こうしたイベントを企画し開催したいと思います。